ハヤトウリ、ジャングル化。

画像
この春、芽を出したハヤトウリをニワトリ小屋の裏のネット際に移植した。
それもたったの1株。それがどんどんどんどん成長し続け、
いまやニワトリ小屋の壁一面を覆いつくし、周囲の夏みかんの木までまだまだ伸びている。
ジャングルみたい。

ハヤトウリというのは、夏すぎまで伸びるだけ伸びて、ほんとうにこれで花が咲いたり
実がなったりするんだろうか?と不安になったころ、秋になってやっとつぼみが付くものだ、ということを昨年、自分で植えてはじめて知った。
だから多分、今年もこれから花が咲いて、実がなるんだろうけど……。
でもホントに葉っぱとつると茎だけが、
「ジャックとマメの木」に出てくる魔法のマメの木のようにじゃんじゃん延び続けている。
不思議な植物。

"ハヤトウリ、ジャングル化。" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント