わんこの病気。

我が家には、11歳になる雑種のわんこがいます。

お手とお座りくらいしかできないおバカさんですが、
息子たちが小さい頃から我が家の一員で、
息子たちも何だかんだ言って
けっこう可愛がっています。

過去記事に11年前の写真→

老犬になってきたとはいえ、夕刻になる散歩とご飯をねだったり、
散歩の時はグイグイ引っ張る元気さだったのに
最近、食欲がないし、表情に元気がない。いつも寝てばかり。

夕方になると室内に入れてくれ、とせがむので
入れてあげるとこんな状態。
画像


急に暑くなってきて、はやくも夏バテ?
でもちょっと元気がなさすぎる…
それに気のせいかお腹がなんか膨れてきたような?

何か内臓の悪い病気かも、と思って
獣医さんのところへつれていきました。

エコー検査と血液検査をしてもらったところ
子宮に膿がたまっていて腫れていて、
血液中は白血球の数値が高くて、
炎症がおきている状態とのこと。

「子宮蓄膿症」っていう病名だそうです。

近所に野良犬がいないこともあって
避妊手術をしなかったのですが、
子どもを生んだことのない犬は罹る確率が高いそうです。

重篤な場合だと
子宮に穴が開いて膿が内臓に流れ出て
腹膜炎などで死んでしまうこともあるそうですが、
そこまでひどくはない、とのことで、
数日お薬をもらって様子をみることになりました。
(でもおそらくその後、手術することになりそうです)


人間でも、具合が悪くて元気のない様子を見るのは心配になりますが、
犬は言葉をしゃべれず、どこか痛いのかもしれないけど
それを訴えることもしないので、
何だかますます心配です(´・ω・`)


それにしても
今日は真夏並みですね!

あまりに日差しがカッと暑いので、
仕込み中の小梅の梅干し→  を干してしまいました。

画像


小さいから1日で大丈夫だと思うんだけどな〜。


皆様もどうぞご自愛くださいね!



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 13

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

ムーミン
2016年07月07日 20:49
ワンちゃん御病気ですか~!!! かわいそ~!!! 我が家でも、昔犬を飼ったことがありますから分かりますよ~我が家の犬はね最後は、目が見えなくなってしまって目が白くなってしまってね、はくないしょになってしまいましてね~!!本当かわいそうでしたね~!!! それからはも~ね~犬は飼わないですね~!!! 本当ワンちゃん大事にしてくださいね~!! 大切な大事な、家族の一員でも有りますからね本当御大事に~!!!
2016年07月08日 12:12
こんにちは!
ワンちゃん 前足を曲げて寝る姿が 具合悪そうですね。辛いことをちゃんと伝えることが出来たのですね。 お薬が効いて 手術しないで済むといいですが・・・ 暫らくの様子見なんですね。
 我が家のメロンは9月で12歳になるので 同じ位ですね。 最近は歩くのも遅くなりました。
メロンも膀胱に石を持っているので いつも気を付けて見守ってます。
暑くなってきたので 余計に体調崩しますね。どうぞお大事に!
良くなるように お祈りしています!
2016年07月09日 11:54
ムーミンさん

コメントありがとうございます。
しばらく静かにさせて、治療していますので、たぶん大丈夫だと思います。
2016年07月09日 11:55
しおんさん

手術も辛そうですが、子宮を残しておくのも再発しやすいそうです。来週もう一度獣医さんのところへ行って決めてきます。
犬も年を取ってくると、いろいろと心配な箇所が出て来るものですね。メロンくんもどうぞお大事にしてくださいね。
2016年07月12日 19:20
わんちゃんどうなったかな。お薬で元気になってくれるといいですね。
ぎんたも今週また吐いて、ちょっと元気ない…。
年取ると色々心配ですね。きっと人間も…(^_^;)
2016年07月12日 21:41
けいさん

ありがとうございますー。子宮口を開く注射と抗生剤のおかげで膿が排出されてちょっと元気出て来ました。このまま良くなれば手術しなくても大丈夫なようです。
ぎんちゃんも心配ですね…。暑さでちょっとバテ気味かしら?
本当に年取るといろいろ心配ですね(人間も…(^^;)
shitaco
2016年07月16日 23:05
大変ご無沙汰しております
久しぶりにこちらに遊びに来ました
我が家でもいまだに話題に出るワンちゃんでしたのでとても心配で、書き込みます(:_;)
我が家は雌猫ですでに避妊手術をしていますが、将来的に避妊手術をすれば子宮系の病気にならなくなるのでと言われたことを思い出しました
手術自体動物の体に負担になることは間違いないですよね・・・。
このまま薬で症状が治まり手術しないで回復することを願うばかりです
お大事に・・・。
2016年07月17日 06:12
shitacoさん

ご無沙汰です!といっても、私はけっこうご夫婦のブログにこっそりお邪魔させていただいてますよ♪
お互い子どもたちも大きくなりましたね(^^;)

この後、薬が効いて膿が排出されたのが良かったのか、元気になってきました。
何でも手術するタイプの獣医さんではないので、おそらく手術しないことになりそうです(再発の可能性はありますが)
ペットも年取るといろいろありますねー。
また我が家にも遊びに来てくださいね♪

この記事へのトラックバック