真冬の磯で、岩海苔採り

 毎日寒いとはいえ、今年はやっぱり暖冬のようで、畑では白菜や大根などが豊作です。でも、磯では年末くらいから生えはじめるハバノリ、岩海苔などが、寒さがないと育たないのかずいぶんと不作のようです。
 わが家周辺では、お正月のお雑煮に乾燥させたハバノリをあぶってもんだものを入れる風習なので、その大事なものが生えないというのは、けっこう一大事なのか、近所のオバサンたちの世間話のネタになっていました。
 
画像
それでも、先日、イヌの散歩ついでに次男を連れて磯へ行ってみたところ、磯の岩にハバノリと岩海苔が生えているのを発見。少~しだけ摘んで帰ってきました。

画像
砂などのゴミをよ~く洗って取り除き、ザルにあげるとこのような状態。
 それをすのこなどに広げて乾燥させれば、板海苔。醤油やみりんと煮れば海苔の佃煮。ですが、とれたては香りがいいので、このまま味噌汁やラーメンなどに入れていただきます。温かい湯気のなかに海苔独特の香りがフワリと広がって、何だかウレシイ瞬間です。

磯遊びや海苔採りについては、五目釣り師のこちら↓の著書も読んでみてくださいね。
海遊びの極意―一年365日、海辺を徹底的に遊び尽くすための最強ハンドブック

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック