マコモダケって知ってます!?

先日の台風、すごい風でしたね(^^;)

我が家では特に大きな被害はありませんでしたが、
モロヘイヤやシソはボロボロになってしまい、収穫終了(>_<)
ナスやピーマンも、終わりにしたほうが良さそうなかんじです。



さて、タイトルの「マコモダケ」って知ってます?

マコモダケとは…
マコモ(Wikipediaへ)→という植物の根元に
黒穂菌が寄生して肥大した新芽の部分を「マコモダケ」といい、
タケノコのような軟らかいナガイモのような食感なんです。

珍しい食材ではありますが、
万葉集にも登場するそうですし、東アジア、東南アジアではけっこうメジャーな食材のようですね。

うちの田んぼで空いてる場所の活用に何が植えたら?、とダンナと相談していたところ、
友人がマコモを育てている話を聞き、
彼女が参加しているマコモ栽培グループに入れてもらいました。
苗を分けてもらって、うちの田んぼでも栽培しつつ、
いろいろ教えてもらっているのです。

グループの皆様が栽培しているのは、こんなところ!
一面のマコモ〜
画像


一本一本はこんなかんじで(これはうちの田んぼのマコモ)
画像


根元の白く膨らんだ部分がマコモダケです。9〜10月頃が収穫期だそうです。
画像


これをカットして、炒め物、揚げ物などいろいろ使えます。

こちらは素揚げに塩をパラパラ。
画像


皮ごと丸焼きして、焦げた皮をむいて醤油をタラリ。
タケノコの丸焼きと同じようなかんじです。
画像



葉の部分も、
昔から神様が宿る草と言われて、神社のしめ縄などに使われたり、
お茶にしたり、
皮膚病やアトピーに効くという方もいるそうで、
お風呂に入れたりすることもあるらしいです。

今まで全〜然マコモなんて知らなかったのですが、
面白い植物ですよね( ̄∇ ̄)


"マコモダケって知ってます!?" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント