ピチピチイワシで保存食

 日曜日は子どもと磯遊び。イワシの群れが磯にまわってきていたので、当地でいう”へしこ”(カタクチイワシのことです)が大量にとれました(詳しくは、ダンナの五目釣り師のブログ「アオリイカ釣りとイワシのつかみどり」を見てね)。

 炭火塩焼きや唐揚げなどでいただいたほか、我が家定番の保存食をつくりました。

画像
イワシのサーディン。塩をしたイワシをフライパンに並べ、ひたひたにオリーブ油を注ぎ、ニンニク、ローリエ、トウガラシ、ハーブなどを入れて弱火で10分ほど揚げ煮にします。パンやサラダ、パスタのお供に!

こちらはみりん干し。
画像
手開きにして塩をした後、みりんと醤油の漬け汁にしばらく漬けます。
画像
干し網などにのせ、白ごまをふって半日干せばこのとおり完成。軽くあぶっていただきます。

 両方とも1週間くらいもつし、冷凍もできるので、作っておくと便利です♪

"ピチピチイワシで保存食" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント