奄美のハリセンボンで珍・釣魚料理

子どもたちの新学期が始まりました。毎年今年の担任の先生はどんなかな~、とちょっとドキドキしますね。長男は30代の男の先生(今までほとんど中年の女性の先生だったので、息子は男の先生でうれしいそうです)、次男は今年転任してきた若め(!?)の女の先生になりました。明日から給食もはじまります。

 それはさておき……春休みは家族で奄美大島へ行ってきました。(詳しくはダンナのブログで)
 現地では釣りしたりマングローブの河口でカヌーをしたり、磯遊びをしたりといろいろ楽しんできまして、最後に獲ったハリセンボン(ちょっと話題になっているお笑い芸人ではありません、お魚です)をクーラーで持ち帰ってきました。

 ハリセンボンはフグ目の魚ではありますが、科はトラフグとかと違って毒はないそうです。沖縄では「あばさー」とよばれて、皮をむいた姿でスーパーなんかでも売っているとか。
 しかし……この皮がモンダイ。その名のとおり、棘が体中にあるので、素手で扱うのは痛い! ペンチなどでつまみながら、カワハギをさばくようにビビーッとむいていきます。刺激すると膨らむお腹の部分にほとんど身はなく、むいた後は「えっ!? 身はこれだけ!?」という状態でした……。

 でも味はなかなか。白身でけっこうウマミが濃厚な味です。
画像
醤油と酒で下味をつけた唐揚げ。

画像
奄美・沖縄ではポピュラーだという味噌汁。ダシはすごく出るので、汁はすごーくおいしいです。

これでまた釣魚料理コレクションが増えた……!?

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた

この記事へのコメント

あられ
2009年04月10日 08:19
妻さんちの子は幸せですね。
いろいろ体験できて。
ハリセンボン、試食したいですね。
うちの娘(23歳)も釣り好きです。
このところは全然行ってませんが。
2009年04月10日 09:44
千葉でもハリセンボンはたま~に浜に打ち上げられていたりするので、いるとは思うのですが、釣ったことはないので次はいつ味わえる(?)か……!?!?
旅行へ行くと楽しいのですが、準備と後片付けで、母はけっこう疲れますよね……

しびらんか
2009年04月20日 14:48
大変遅くなりましたが、奄美にお越しの際にはありがとうございました。
西野家のメニューにハリセンボン(アバス)を次回に入れることが出来るように腕を磨いておきます!
2009年04月20日 17:09
その節はいろいろお世話になり、ありがとうございました。
ブログたまにのぞかせていただいていますよ(^_^)/またカケロマにも行きたいです~!

この記事へのトラックバック