自家製のライ麦で作ったパンです。

まだ夏野菜が元気なうちの畑。」で製粉した自家製ライ麦粉。さっそくパンを焼いてみました。

 本格的に中種を起こして焼こうかと思いましたが、とりあえずシンプルな配合で、でもイーストではなく「白神こだま酵母」を使ってみました。 ライ麦と強力粉の割合は3:7。こねているとベタベタして発酵してもあまり大きくならないのはライ麦ならでは。カゴを使って十字のクープを入れてカンパーニュ風に成型して、スチームを入れて焼きました。

画像
完成! 

画像
中は気泡があまりなくてみっちり詰まったかんじです。ライ麦パンならではの酸味はあまりなく、意外にしっとりしていてこだま酵母独特の甘味が強い食感です。

 一握りの種から育てた分しかないので、今年種にする分を除くとあと1,2回分しかないのですが、何だか後ひくまた食べたくなる味でした。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

あられ
2008年10月25日 22:13
いかん、ライ麦も賞味期限切れたのが冷蔵庫に。
明日またパン焼こうかな。
米粉はグルテンの入ったのを通販で買っています。
米粉パンを食べたことがない人にあげると結構喜ばれます。
私も米粉入りのほうが好きです。

息子は市販のパンメーカーの食パンを喜んで食べますけどね。
2008年10月26日 07:43
特殊な粉ってマメに作らないと賞味期限切れがちですよね……;
先日、今年の新米でまた製粉に出したので、米粉がどっさり!在庫ができました♪ 最近は「米粉うどん」に凝ってますよ~

この記事へのトラックバック

  • 麦の種を蒔きました……

    Excerpt:  ここ数日ぽかぽか陽気です!  やっとこさ畑に植わっていた晩生の大豆が枯れてきたので、ひっこぬいて麦類の種まきをしました。 これは「南部小麦」。消毒と芽出し促進のために風呂の残り湯に一晩漬けたあと.. Weblog: 房総しおかぜ通信 racked: 2008-12-04 14:48