秋の海辺でビーチコーミング

 子どもたちは「拾い物」が好きです。普段から学校帰りにポケットにどんぐり、オシロイバナの種、野の花、謎の木片……。いろいろなものを詰め込んで帰ってきます。

 週末は買い物がてら南房総方面へ出かけたので、“ビーチコーミング”=海辺の拾い物に行ってきました。

 サンゴというと南国イメージですが、ここ千葉・房総半島はサンゴの北限だそうで、私自身、幼い頃海水浴に来たときなど、よくサンゴが打ち上げられたのを拾ったものでしたが、わが家の子どもたちもサンゴ拾いが大好き。
 先日、南房総の海の保全活動や自然体験活動をされている「たてやま・海辺の鑑定団」のTさんにサンゴがよく落ちている海岸を教えていただいて以来、「拾いに行こうよ~」と言われていたのでした。

ちょっと海は荒れ気味でしたが、そんなときのほうがいろいろなものが拾えたりします。
画像
マグロ?の骨!?! 11歳の長男の大きさと比べてみてください。

画像
ウツボ! さすがにこれは持って帰りませんが……

画像
椰子の実。どっから来たのでしょうね~?

で、お目当てのサンゴは……
画像
ありました、ありました!

画像
結局、大きいの小さいの(おまけに伊勢エビ?の頭の殼も)いくつも拾えて、子どもたちは家の棚の一角にサンゴコーナーを作りました♪

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

あられ
2008年11月03日 21:21
千葉の海岸近くの暮らしは楽しそうですね。
2008年11月04日 22:21
こんばんは、あられさん。
海辺暮らしは楽しいですが、
おかげでわが家は謎の拾い物だらけです……

この記事へのトラックバック