ブラックバスは意外とおいしいのです

ちょっと前のことになりますが、家族で近くのダム湖へ出かけ、息子がブラックバスをつり上げました。(詳しくは←左のホームページ&ブログの「房総爆釣通信」の爆釣日記2008を見てくださいね)

ブラックバスというと淡水釣りではポピュラーなターゲットですが、キャッチ&リリースが一般的だし、「臭そう」とか「外来魚でしょ、おいしいの!?!」という印象が強くて、あまり料理して食べる方はいないようですが……
画像
さばいて皮を引くとこんなかんじ。なんだかおいしそうな白身魚って見かけですよね。実際おいしいんですよ、ホント。

画像
塩・こしょうで下味、フライの衣をつけて揚げれば……

画像
ブラックバスフライのできあがり~。ソースorタルタルソースでいただきまーす。コーンミールをつけて唐揚げにしたり、ムニエルなどでもイケますよ。お試しあれ!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

あられ
2008年04月17日 09:08
へー、私もまずいと思っていましたよ。
我が家で釣り好きは夫と娘、隣の市の海岸専門なのでどう考えても丸ごと唐上げ以外は無理なサイズしか釣れませんが。で残りのゴカイは庭の池の鯉がお土産に貰っています。
でも、最近は行ってないなあ。
2008年04月18日 09:13
我が家はハンドルネームが「五目釣り師」夫妻ですので釣りは家族で好きですよ。
でもこのごろ私なんかより息子たちのほうが数段うまいです。大物も釣ってくれます。

この記事へのトラックバック