小さな子たちに出張お話会

 昨日は小学校で絵本の読み聞かせをしているおかあさんたちのネットワークで、自分たちの子供より小さい、0~4才程度の子たちとそのおかあさんに読み聞かせの出前をしてきました(要は育児サークルにおよばれしてきたのです)。
 私の読んだのは五味太郎さん作の「ははははは」。小さい子ってこういう言葉の繰り返しって好きですよねー。最初はおかあさんのひざの上で聞いていた子もだんだん本の真ん前に出てきて聞いていて、なんだかかわいかったです♪
 ほかの人たちも自作のエプロンシアターの「三びきのやぎがらがらどん」(不変の名作ですね)とか、「きょだいなきょだいな」(長谷川摂子さん&降矢ななさんのこれも名作ですね)とか、小一時間楽しんできました。
 わが家の息子どもはもうふたりとも小学生になり、「かわいい」というよりはだんだん男っぽくなってきたこの頃です。久々に小さな子供たちが遊んでいるのを見て、
「あー、こんなかわいい頃もあったんだよなー。この頃ちょっとガミガミと怒りんぼかあちゃんだったかもなー。」と、ちょっぴりしみじみしてしまいました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック