柿と鮒。

 五目釣り師が実家で渋柿を大量にもらい、マブナをたくさん釣って帰宅(詳しくは→http://hodai.blog77.fc2.com/blog-entry-201.html)。
 柿はさっそくヘタのところに焼酎を含ませたキッチンペーパーをつけて密封(霧吹きとかで焼酎をまぶすだけでもいいようですね)
画像
これで渋が抜けるって、いったい誰が考えついたのでしょう。昔の人ってエラい!

鮒のほうは、はらわたを出してから超弱火の網の上でじ~っくり焦げないように乾燥焼き。
画像
ある程度カラカラになったら、ほんとうにカラカラになるまで外で干して、保管。お正月にもどして甘露煮にするのが定番です。

画像
昨夜の雨もあがって今朝はいい天気。残りの柿はむいて干し柿(皮も干してあとで漬物などに使います)、鮒も網に入れてさっそく干しました。 秋ですね~♪

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 干し柿できました!

    Excerpt: 「柿と鮒。」で干し始めた柿。このごろからりとした晴天が続いたので、カビも生えず白い粉をふいてちゃんと「干し柿」になりました! 渋柿がこんな濃縮した甘い味になるってやっぱり不思議ですねぇ~。お店に行け.. Weblog: 房総しおかぜ通信 racked: 2007-11-16 10:23