釣った魚でみりん干し作り

 日曜日、五目釣り師は仲間との定例釣り会に出かけ、クーラーにたくさんの魚を持っての帰宅。メバル、カサゴ、カワハギ、マゴチ、マルイカ、アオリイカ、エソ、イワシ……。そのほかにずいぶんたくさんあったのが、ベラ。
 な~んだ、ベラか~、などと言わないでください。外道魚と思われていますが、プリッとした白身で刺身でも煮魚でも揚げ物でもおいしいんですよ。
 今回は塩味の干物ではなく、「みりん干し」に加工してみました! 作り方はというと……
画像
三枚におろして軽く塩をふって30分ほど置き、水分を出して身を締めてからみりんと醤油に30分ほど漬けます。
画像
あとは白ごまを振ってから、網のなかで半日干します。
画像
できあがり! イワシも一緒にみりん干しにしましたが、小型なので塩時間やみりんだれ漬け時間は短め。魚の大きさによって加減してみてくださいね。

 そうそう、同じくみりん+醤油だれに漬け込んだ(単に丸ごとひと晩、漬けておいただけ)マルイカも沖漬け風ですごく美味でした。お試しあれ!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック