とれたて地魚で保存食!

海辺に住んでいると……もらいものや五目釣り師が釣ってきたものなどで、魚が一気にわが家に来ることがあります。もちろん、新鮮なうちに刺し身やら焼いたり煮たり、と存分にいただきますが、干物をはじめとする保存食作りも楽しみます。

 今回のターゲット(!?)は、シーバス(スズキ)の卵とソーダガツオ。
 シーバスは五目釣り師が恒例の釣り会で釣ってきたもので(くわしくは爆釣日記の12月を!)
でっぷり太ったメスだったので、卵も大きい! ふだんは煮付けなどにしてしまうのだけど、やや独特の臭みがあるので、何か他の使い道は……と思って「たらこ」と「からすみ」の作り方を調査。
たらこは基本的に塩漬けにして水分を抜き、塩抜きしたあと再び水分を切る、ということらしい。たっぷりの塩をまぶして1日たつとこういう状態。
画像
かなりしまってブヨブヨというよりプリプリしています。端を切って一応火を通して食べてみると、たしかに「シーバス風味のたらこ」という味。からすみはそれにさらにみりん等で風味をつけ、さらに干しあげるらしい。からすみは本当はボラの卵だけど……。どうしよう、からすみになるかしら??

一方のソーダガツオは、イワシでよくやるサーディン風にハーブやにんにくを入れたオリーブ油で揚げ煮。
画像

出来上がりはほとんどツナと同じです。こちらは夕食のサラダにトッピングしていただきました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック