ひょうたんの加工をするのだ!

すっかり更新をさぼっておりましたが、
夏は野菜の収穫やら加工やら
子供の夏休みやら行事やら、
地元のお祭りやら……。何かと忙しい季節でした。

9月に入って……今週になってめっきり涼しくなりました。
ニワトリ小屋の壁を這わせていた「千成りひょうたん」が
たくさんの実を付けて、枯れてきました。
ひょうたんは苗を作って定植さえしてしまえば、
あとはほとんど放置、という育て方はとても簡単な植物です。
とくに我が家の場合、ニワトリ小屋から浸透?する鶏糞の養分のおかげか、
ものすごい成長ぶりで、ひょうたんは推定50個はなったと思われます。
そんなにたくさんのひょうたんどーするんだ?というかんじですが、
とにかく表皮と中身を腐らせるための加工を、先日第一弾の約20個に施しました。
画像

とれたての?ひょうたん

画像

ドリルで穴を開けて

画像

水に漬けます。この後、浮かばないように軽く重しをして放置。
現在、3.4日たってちょっと異臭がしてきました。でもまだ腐るにはまだまだという感じ。
うまくできますかどうか!?

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • ひょうたんの加工をするのだ!  PART2

    Excerpt: 以前、http://gokui.at.webry.info/200609/article_1.html ←こちらでお知らせしたひょうたんの加工のその後です。  このひょうたんは「千成りひょうたん」で.. Weblog: 房総しおかぜ通信 racked: 2006-10-17 23:57