ヒヨコが我が家にやってきた

画像
 数年前からニワトリを飼っている我が家。
最初にいたのはロードアイランドレッド種の「チョコ」と「ドングリ」、横班プリマスロック種の「カジメ」と「ワカメ」。4羽ともヒヨコから育てたので、けっこうなついていて毎日おいしい卵も産んでくれて、我が家に欠かせない一員だったが、チョコとドングリは相次いでイタチの餌食と行方不明になってしまい、ここ1年ほどは2羽だけの寂しい状況だったのだ。
 陽気もよくなってきてヒヨコ育てにいい季節になってので、また新たに仲間を増やすことにした。新しいヒヨコは、ポリスブラウン種という名古屋コーチン系の品種。卵をとてもたくさん産む種類とのこと。
子供たちに「名前はどうする?」と聞いたら、前の2羽をとてもかわいがっていた子供たち、「チョコ2号とドングリ2号にする!」

チョコ2号とドングリ2号は、写真のようにしばらくは段ボールのおうちで世話をする日々。元気に大きくなあれ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック